にゃんとむクエスト

珍大魔術師編
珍大魔術師編(T) 1話 C72〜 販売中


珍大魔術師編(T)
第1話掲載

A5/28P/表紙・本文モノクロ

販売価格:100円

表紙・Flyte Cat 挿絵:Flyte Cat 裏表紙:夜闇&猫鼠棗之助
第1話「不思議な縁(えにし)に導かれ」


ACT.1「グランバート、放浪す」

GM : 舞台はオーファンの首都ファン。君達は今ここのどこかにいるわけだが
カシス : うん
GM : 冒険者の店から離れている人挙手
グランバート : 広場で“サモン・スモール・アニマル”で小鳥と戯れてるよ〜。
GM : ちなみに冒険者の店の名称は『輝く剣亭』。どこぞやの姉妹店(笑)
レティシャ : 街中を放浪中
GM : カシスは冒険者の店でいいのか?
カシス : 幾つかの冒険者の店をまわってる
GM : 了解、では、グランバートからいこうか
グランバート : いいよ〜。
GM : 君は、サモン・スモール・アニマルをしていたわけだが
グランバート : シャカシャカ♪(マラカスを振っている)
GM : ご近所さんから迷惑だと詰め寄られその場を離れざるを得ない状況となっている
グランバート : ガーン!!!!
GM : グラニャーには初めての民主主義を喰らった場面である
カシス : (近所の人)「迷惑だよそでやっておくれ」
レティシャ : (近所のガキ)「変な人がいるよ〜」
カシス : (近所のママ)「しっ、見ちゃいけません!」
レティシャ : (近所のガキ)「だって〜」
グランバート : イキナリ非道モードで追い詰められてるね…。 とりあえずその場を去る。
GM : いや・・・非道ではないと思うが
グランバート : っていうか剣亭に行こうか。
GM : ふむ、そうして歩いていくと一人の青年が前から走ってくる、このままだとぶつかるな
グランバート : 回避(ころころ)13
GM : サッと避けたな。
グランバート : 「あっぶないなぁ〜!」独り言ね
GM : その青年は輝く剣亭がある方向に走っていった。どうやら急いでいたようだ
グランバート : ボクはノンビリ進行で店に行くよ〜。

ACT.8「反撃なき戦闘」

GM : ここからは何するにせよターン制で進めるぞー
クラウス : 振り向きたかったが、遅かった
グランバート : 「何してくれるんだカッシー!!」

グランバート、お前が言えた義理ではないぞ!?(フルスイング突っ込み)

GM : グランバート24 > カシス17 = レティシャ17 > コボルド14*4 > ゴブリン13(居場所不明) > クラウス12
カシス : 不意打ちあり?
GM : ありだが、敏捷度順に
GM : 1ターン目はコボルドABCDは回避にマイナス4(と行動なし)だ
カシス : OK
GM : さて、そちらの敏捷度は誰が一番・・ってグラか
グランバート : んじゃ、火をフーフーする。ここに爆弾投入したらコボルドもろとも大爆発だね♪

テメーはドワーフかああぁぁぁ!!
※デュダだっけ?あたりの記憶が混じってるかもしれない

GM : グランバート遊び人かよ、火を口で噴いたくらいで消えるかいな(笑)
グランバート : いや、こっそり接近して魔方陣消してやろうかと。
グランバート : ボクはコボルドを知らないので目の前の奴が敵だと認識できない。

いや、何かはわからなくてもどう見てもモンスターだろう(笑) ってグランバートへのツッコミばかりだな。

グランバート : というわけで、「フーフー!!」
カシス : 遊び人は遊んでいる
GM : カシスどうz
カシス : OK
カシス : 宣言どおり近くの敵に攻撃・強打クリティカルでマイナス1
GM(コボルドA) : (ころころ)4
カシス : (ころころ)15
GM : 超無理(笑)
カシス : なら今度こそ(ころころ)9点
GM : あいよ、次どうぞ
レティシャ :たいまつを地面に置き、武器を利き手に構えてコボルドAに攻撃(ころころ)8
GM(コボルドA) : (ころころ)7、命中したな
レティシャ : ダメージ判定(ころころ)6点
GM(コボルドA) : (ころころ)8、生死判定は成功
レティシャ : 気絶か
クラウス : やることが無い… 行動を最後に・・・と言いたいけど、最後なんだっけか?
GM : そうだな
クラウス : OK、このターンは何もしない。と思ったけど、相手が来ない位置に下がる
GM : 2ラウンド目、グランバートだ
グランバート : 「火があるなら、ファイアーダンスでしょ♪」というわけで呪歌“ダンス”!!(ころころ)14

一同呆然、なんて恐ろしい遊び人・・・( ゚ω゚):;*.':;

レティシャ : 灼熱の・・・
カシス : すかさず抵抗(ころころ)11、 負けた・・・
レティシャ : 精神抵抗だったね。(ころころ)14
GM : (ころころ×3)コボルド無理
クラウス : 14なんて普通無理だぁぁぁ(ころころ)10
GM(ゴブリン) : (ころころ)7
GM(???) : (ころころ)12
カシス : 期待値考えるとゴブ以外無理じゃない
グランバート : 踊っている人は攻撃・回避にマイナス4です。
GM : ・・・げ。 レティシャ以外は全員踊った。次、カシス
クラウス : 魔法も使えない…
レティシャ : 「一人ぼっち・・・」
GM : いっそ自発的に踊ってもいいぞ(笑)
レティシャ : 悩むなー(笑)
カシス : Bに攻撃(ころころ)7。マイナス4が大きい
グランバート : でも敵もマイナス4だから。
GM(コボルドB) : (ころころ)3、無理無理(笑)
カシス : 打撃には修正無いよね?(ころころ)8点
GM : ないな、ではレティシャ
レティシャ : 何も減らないよね?強打クリティカルでマイナス1、コボルドBに(ころころ)10
GM(コボルドB) :(ころころ)3、平均値分負けた(笑)
レティシャ : (ころころ)10(ころころ)7、11点
GM(コボルドB) : 一撃で死ねるぢゃん
レティシャ : マイナス5か?死ぬだろ
GM(コボルドB) : (ころころ)2、コボルドB死亡。次はこっちか・・・
GM(コボルドC) : (ころころ)7
GM(コボルドD) : (ころころ)12
GM : お、Dが気づいた
クラウス : 熱心すぎるにも程がある!
GM(コボルドD) : 奇数立ち上がってる、偶数ひれ伏している(ころころ)6!・・・このターンは立ち上がって終わり
カシス : 狂信的な信者
クラウス : そういえばゴブリンの狂信者って言うのが何処かのゲームに…  待機待機
レティシャ : ルールだから仕方が無いんだが、目の前で仲間がどんどん殺されてるのに気がつかないってのがすごいよな。
GM : 3ラウンド目、マスターシーンから
GM(???) : 「なんだこれは!?我輩の野望を阻止せんとする自称勇者共の襲撃か!?」
GM : と、言う声がどっかの方角から聞こえた。グランバートどうぞ
グランバート : と、踊りながら誰かが発言したのね。呪歌は継続だけど、毎ターン判定いるっけ?
GM : 判定は一回だが弾き続けないととまる
グランバート : まった、クラウス飛ばしてるから。
GM : 飛ばしてないって、待機で終了だろ
クラウス : 踊っているために、何もできない
カシス : じゃあ、こっち?
グランバート : ホントだ、じゃぁさっきの発言に返答。 「勇者じゃないよ、通りすがりの吟遊詩人さ♪」で、ダンス継続。
カシス : 攻撃Cへ(ころころ)8
GM(コボルドC) : ふむ、(ころころ)9。おや、よけた
GM : 次レティシャ
レティシャ :C先に殺っておくか。攻撃Cへ「なんか聞こえたけどまあいいか。」強打クリティカルマイナス1(ころころ)10
GM(コボルドC) : (ころころ)7
レティシャ : もっかい(ころころ)5点
GM(コボルドC) : おきねーかなー(ころころ)5
GM : 起きないな!コボDだけ奥に逃亡
クラウス : 追いつくことすら困難な状態であります
GM : また待機か、4ラウンド目
クラウス : てか、ダンスに抵抗してなかったな
GM : 毎ラウンド可能だっけか?
クラウス : ルルブが手元に無いからわからない
GM : 始めだけらしい。で、グランバートだな
クラウス : そうみたいやな。 まあ、この状態じゃ動けないも同然だな

そらソーサラー踊ってしまったらなぁ。偶然身振り手振りが同じなら可能だろうが(笑)

グランバート : じゃぁダンスやめて、Cに攻撃。(ころころ)15
GM(コボルドC) : (ころころ)5、命中
グランバート : (ころころ)4点
GM : 次、カシス
カシス : Cに攻撃(ころころ)8
GM(コボルドC) : (ころころ)6
カシス : (ころころ)9点
GM(コボルドC) : 踊っててもトランスしてても一緒だろう?(笑) 生死判定(ころころ)4、死亡

ACT.9「ラスボス降臨!・・・おんやぁ?」

GM : さて状況ですが
クラウス : 逃げていった連中の後を追いますかね?
GM : コボA気絶、コボBC死亡、コボD逃亡(姿見えず)、ゴブリン(どっかにいる)
カシス : Aに止めを刺す
GM : コボA死亡
レティシャ : 「で、戦闘中に変な声が聞こえた。」
カシス : あたりを見回してみる、何かある?
クラウス : ああ…そんなイベント起きてたなぁ
GM : やっと見ましたね、まず左に高台のようなものがあるんだが・・・もういないな
グランバート : 「踊りながらしゃべってた人がいたね。」
レティシャ : たいまつを拾いながら「とりあえず殺っちゃったけどいいのかな」
カシス : 他には?
GM : 特には。コボDは高台の方へ走ったようだ。高台って、あれだ、体育館とかで校長とかがしゃべるような高めの場所
カシス : 高台のほう
GM : 行くとだな、地下通路のようなものがある
カシス : なら皆を呼ぶ「こっちに通路がありますよ」
レティシャ : 「ここにみんな入っていったのかな?」
カシス : 「無駄かもしれませんが追いましょう」
クラウス : 「急げば間に合うかもしれんがな」
レティシャ : 「じゃあ行ってみよう」
グランバート : 「ダーッシュ!!」
GM : 追うのな。ちなみに階段は入り口だけ木で補強されている洞窟の石を荒削りしたもの
カシス : 全力で追う
GM : 階段を降り終わると前方に続く通路
レティシャ : GMよ やっぱり暗いのか?
GM : そら暗いだろうナァ、たいまつは?
レティシャ : 火をつけたのを持ったまま。「待ってー、暗いでしょー」全力ダッシュで追いかける
GM : ダッシュすると奥に光が見える。人間型のものがいて杖に明かりが灯っているようだ。その横にゴブリンとコボルドDもいる
GM(???) : 「・・・グラスランナーだと? 笑止、グラスランナーごときに我輩の野望は砕けまい!」
グランバート : 「ふっふっふ…。」
レティシャ : 「あ、変な人がいる」
クラウス : 「流れが読めん!」
カシス : 「あなたが黒幕ですか」どんな容姿?
GM : 落ち着いたところで周囲の説明、後ろには外というか空が見える。 人型のものはソーサラーのような服装
GM(???) : 「我輩の儀式の邪魔をした代償はいずれ支払うことになろう、が今はそのときではない・・・さらばだ追っ手共!とうっ!!」
GM : 外へ飛びましたな
クラウス : 「な、何なんだ…あの変態は」
カシス : 飛んだ?
GM: マスターシーンということでよろ、ちなみにそっちの言葉は聞いてなかった様子だ(笑)
カシス : ゴブ、コボおいて?
GM: ゴブリンとコボルドはおろおろしているが
カシス : 「なんて迷惑な」
レティシャ : 「とりあえず退治しとく?」
カシス : とりあえず見に行く
グランバート : 今回の目的はコボルド退治、元凶っぽいのは逃亡。
GM : 見るとだな、崖になっていて下に川が流れている
カシス : で?
レティシャ : 入水自殺
GM : ソーサラーは・・・何故か水の上を歩いている!
カシス : シャーマン!?
GM(???) : 「我輩の前には川など障害にならぬ!」
クラウス : 距離はどのぐらい離れているんだ?
GM : 崖下の川までは10M以上ありそうだ、垂直で
カシス : ・・・飛び道具が無い
レティシャ : 片方の足が沈む前に逆の足を出す。てやっているのか。
カシス : なるほど、アレが噂に聞く東方の忍者というものか
クラウス : じゃあ、遊びでディスペマ
GM(???) : 「わはははは・・・は?なんだあの勢いのモノは。・・・ぬぅっ、あれはこの川の主ワニ!?ぬおおおおぉぉぉお!?」
とダッシュしてディスペマからはもう範囲外だな
グランバート : そうか、ここで“サモン・スモール・アニマル”か!! しかし効果発動まで3分かかるとか言う…。惜しいなぁ…実に惜しい…。
GM : まぁ、そういうことでもう見えなくなってしまいますな
クラウス : それで複線なのk
カシス : 「さて、こっちをどうにかしましょうか?」と、ゴブ、コボに向く
GM : え?そろそろと脇から戻ろうとしてますよ、飛び降りる勇気はなかったようだ
レティシャ : 「退治しとこう」
GM(ゴブ&コボD) : 「ゴボー!?」 やっつけました
カシス : はやっ!?
GM : 演出でどうぞ
レティシャ : 戦闘カット?てこ入れか
グランバート : 「うりゃー!!」 ボクが全員倒しました。
GM : 却 下
カシス : カシスとレティシャのコンビネーションが見事に決まった
GM : まぁ、川にでも誰かさんが突き落としたんだろう
レティシャ : 両方ありそうなのが・・・
グランバート : ボクが…。
クラウス : ゴブリン君、コンビネーションの前に吹っ飛んだー!!
GM : さて、とりあえずゴブとコボの儚い運命はほっといてどうしますか?
レティシャ : 今いる辺りを見回す
カシス : 見回す
GM : 岩壁だらけ
カシス : 変わったものはなし?
GM : ないなぁ
カシス : 「さっきの魔方陣の所に戻りましょうか?」
カシス : 「ここにはもう何も無いみたいですし」
レティシャ : 「そうだね、調べなおそう」