第1話「旅立ち」

フェイズ0 「余興」

殿閣下→GM
GM まぁ記念すべき「にゃんとむ」の初・・・?
夜闇 初だな
FlyteCat そうだな
夜闇 このメンバーでちゃんとしたシナリオ初、だな(笑)
GM セッションは長くなる・・・予定?
FlyteCat 
売れりゃあな

それを言っては同人誌界の大半が成り立たないのではなかろーか。

GM いや、売れなくても(笑)
GM というわけで第1話「旅立ち」・・
FlyteCat 
やべ、くしゃみでそう
GM ひでぇっ?!

※猫鍋千里もいますがしゃべりませんでした


フェイズ1 「ルーンシェス=S=ブルー」

GM キャラクターの出だしはこちらでやらさせて頂こう、ルーンから
FlyteCat→ルーンシェス=S=ブルー(以下ルーン)
ルーン いいよ
GM 今オランにいます。君はかつて相棒と共に傭兵生活を営んでいました。その後相棒とは離別し、エレミアに「BlueSword」・・・まぁ「蒼い剣」亭だな、を建ててマスターをしていました。しかし、それは過去の話だ、数ある冒険者の店の中で何故か君の店だけは閑古鳥が鳴き閉店せざるを得ない状況にまで至りました!そこで君は冒険者となり、冒険者の店を巡り経営するためにはどんなスキルが必要なのかを学ぶことにしました

※キャラクター本人の基本設定は当然ながら各自がやっています

GM いきなり傭兵から店を建てても売れるはずがなく、と言うわけだ
ルーン ふーん
GM それで君はいくつかの国を巡り、学んできたわけだけど。今はオランの「輝くつぬ」・・・「輝く剣」・・・あ「輝く盾」亭だ
ルーン 噛み過ぎだよ(笑)

※実は何度も噛んでいる

猫鍋千里 何で剣と盾、全然違うじゃないかよ!(笑)
ルーン ひらがなにしとけひらがなに
GM (まったくだ)口が回らないんだよ
GM とにかく「輝く盾」亭に辿り着いた。という所からスタートです。傭兵やってたのにレベルがあがってないのは設定からお察しください、と
ルーン とりあえず中に入って周りを見回してみようか
GM 今は昼間なのであまり人はいません
ルーン 席に腰掛けていようかな
GM そうするとウェイトレスさんが注文取りに来るけど
GM(ウェイトレス) 「いらっしゃいませ、何にいたしますかぁっ?
ルーン 「じゃあまずメニューを見せてくれ」
GM(ウェイトレス) 「どうぞ〜」
ルーン 所持金20ガメルしかないからさ、それで買えるものある?
GM (全部使う気か?)20ガメルあれば買えることは買えるけど
GM 適当に飲み食いするつもりならまぁ一つ2〜3ガメル払っといて 
ルーン 「おすすめの飲み物を1つくれ」
GM(ウェイトレス)「はい、かしこまりました〜」注文をとって奥に戻りました
猫鍋千里 めでたしめでたし
GM 終わすなっ!


フェイズ2 「ジポルフ=アセンフリード」

GM 次はジポルフです
ルーン ジポルフって名前・・・?
夜闇→ジポルフ=アセンフリード(以下ジポルフ) 
ジポルフ 略してもいいよ
GM ポル!
ルーン ジポだろ ←他意はない
GM あ?あー・・・
猫鍋千里 なんだか禁止用語だな・・・(笑)
GM ジポルフってさぁ・・・児ポ? ←気付いた
ジポルフ 別にどうでもいいぞ、ジポでも ←わかってない
GM なぁ、あかん・・・児○ポ○ノ法のアレか?
ジポルフ いやいやいやいや?! ←やっと気付いた

一同爆笑、危険すぎるぞジポルフよ。

GM なるほど!わかった、よーくわかった!そういうキャラとして設定していこう(笑)
ジポルフ 勝手にすんな!
ルーン 幼女に弱いのか
ジポルフ 
・・・それは後々、な?
GM (何が後々なんだ)と、とにかく君はとある冒険者の店でくつろいでいた
ジポルフ ふむ
GM 君が今ここにいるのは家訓と研究のため。家訓とは数あるうちの1つ『知識を得るためには体を犠牲にしろ』まぁ、ぶっちゃけ旅しろってことですな。研究とは君の家計が細々としてきた召還魔術についてのこと。150年続いている由緒ある家計の割に有名じゃないのは家訓が主の変わるたびに変わってたり、研究と称してキモい動物捕まえては変なことしてる割りに成果は出てないせいでしょう。ともかく、そのためにこの店で旅の仲間を見つけないといけないわけだ。と、いうところからスタートです。あ、ちなみに今、ソーサラーの間ではなぜかレアな焼き鳥を注文して自分(ティンダー)で焼くのが流行っているらしい

一同爆笑、やはり元ネタは公式リプレイに限る(死)

ジポルフ やってやろうじゃないか!
GM 一日店の中にいれば何人かの魔術師がやって帰ると(笑)
猫鍋千里 みだりに魔法を使うなよ!
ジポルフ ウェイトレス呼んで焼き鳥をレアで注文しておこう ←聞いてない
GM(ウェイトレス) 「2ガメルになりま〜す」で、下がります
ジポルフ 来たらティンダーの用意しておこう
GM そこまでで、以上
猫鍋千里 なんて適当なんだ(笑)


フェイズ3 「エイス」

GM エイスのほうに移ります。エイスは今、オランのある冒険者の店の前に立っていた
猫鍋千里→エイス
エイス ガチャン! ←開けた
GM オランの薬師としてはそこそこ有名な家に生まれ、君もその道を善しとしていた。しかし、冒険者の手伝いでひょこひょこついていったら冒険の楽しさに目覚めて、家を飛び出したわけだ
エイス いやぁ、冒険っていいですね(爽)
GM ちなみに、どんな感じで家を飛び出したんだ?
エイス 「親父!・・・・・・・
さよなら」 ←真面目顔

一同爆笑、なんだそのテンションの急落は。

GM ちゃんと挨拶はしたんだな。オランとは言っても郊外に住んでいたし、ほとんど町の方の知識はなく、人に尋ね尋ねでようやくこの一軒に辿り着いたと。そこからスタート
エイス 「親父、旅に出たいんです」とか言いながらか?「そうかそうか、これが冒険者の店か、プファー」 ←葉巻

一同再度爆笑・・・エイスよ、キャラを定めろ。

GM 『エイスです・・・冒険に出たいとです』とかいって出てきたわけか
ルーン ヒ○シキャラで押していく気か?

ヒ○シはこれが売られる頃どうなっているのだろうか?

GM 店の中に入るわけだね?そうすると一人の魔術師がティンダーで焼き鳥を焼いている光景が
エイス 
ガチャン! ←閉めた

一同爆笑、田舎者にはよほどの衝撃だったらしい。

GM ウェスタン風の扉だから閉めようがない!(笑)
エイス 「なんだあれは!?」
GM ちなみに、マナ=ライは街中での無用な魔法の使用を禁じていますが
エイス 明らかに掟に反して・・・!
GM 流行って怖いネ!
ジポルフ 怖いネ!
エイス じゃあ忍び足で・・・
GM 音で聞こえてるよ、ウェイトレスが注文を取りにくる
エイス 「ウォッカをくれウォッカを」
GM(ウェイトレス) 「3ガメルになります〜」
エイス ないのか、ってあるのか!
GM ウェイトレスは注文をとったので下がっていくね
ルーン 真昼間から酒に入り浸る気かよ


フェイズ4 「急募・薬剤師御一行」

GM 3人がそれぞれにやっていると、エイスの後から女性が店に入ってくる。しばらくきょろきょろしてたんだけど、マスターのほうへ歩いていく。しばらく話し込んだ後に、二人で張り紙を作り始めました
ルーン ちょっと目をやっておこうか
GM それが終わると、女性は頭を下げて店を後にします。張り紙が出されるけど?
ジポルフ 見に行ってみようかー
GM ちなみにこの店は結構初心者の冒険者が集まることで有名です。皆さんが知っているかどうかは知りませんが
GM ということで、張り紙は常に少ないです
ルーン 席を立たずに遠目に見ることにしよう
エイス 遠目でニヤニヤしながら見てやる ←近くには行かないらしい
ジポルフ 焼き鳥食べながら見る
GM 見に行った人は『急募・薬草学に詳しい人材のいるパーティ 詳細は依頼者へ』
ジポルフ 「へぇ〜」薬草学・・・セージか
GM 後、マスターと女性の署名が入っています
ジポルフ 他に張り紙があるんだよね?
GM あることはあるけど、下水道の掃除とか
ジポルフ うん
GM 魔術師ギルドの下の下水道の掃除とか、下水の掃除ばっかり?
ジポルフ 下水だけかよ!(笑)
GM 今の時期は良く出るんだってさ

何が出るんだ、何が。

ルーン やる気しねぇ〜・・・ ←張り紙の近くの席にいたらしい
GM 君たちのレベルでは危ないかもしれないっ。もっとも、ジポルフは一回くらいは潜ってる可能性が。トラウマになってるかもしれない
ジポルフ まぁ、ギリギリだったかな。あの時は危なかったぁ(笑)
GM 他の人は見ないのかい?
エイス 遠目で見えてる俺が ←レンジャーだから見える、らしい
GM じゃあ、エイスにもそういう文字が見えた
ジポルフ 横でガタガタ震えてる人も見えた、と
GM 行動する人はいますか?
エイス 「そうか薬草学か・・・」ガタンッ!
GM (なんでそう行動が突発的なんだおまいは)
ジポルフ どうしたんだという目でそっちを見ておこうか
GM ビクゥッ!ウェイトレスが反応するけど?
ルーン 俺もそっちを
エイス バン!
「依頼者ってどっちだ」



一同爆笑。先生、もぬすごく失礼な奴がいます。

GM(マスター) 「どうしたんだいきなり」
エイス 「なんでもない、なんでもないんだ・・・」
GM(マスター) 「なんでもないのか?!」
エイス 「ただ、
思い当たる節が沢山あってな?
GM(マスター) (どっちだ)「あの張り紙のことか?」
エイス 「ん?いや、そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない」
GM(マスター) 「なんなんだお前は?酔っ払いか?!」
エイス 「いや、むしろそうなんだ」
GM(マスター) 「と、言うことは何か?薬草学に詳しい奴が身の回りにでも?」
エイス 「あぁ、俺の知ってる奴で一人いる。うちの親父は素晴らしいセージだった・・・。なんて自分を言わないところがポイントだ」
GM(マスター) 「お、おぉそうか。依頼者が結構急いでいるんでな」
エイス 「早速、依頼者に話してこよう」
GM(マスター) 「依頼者はだな、ペノライムという薬草を探して欲しいそうだが、薬草に詳しい奴はうちの店の常連であまり知らないんだ」
エイス 名前で判定
GM いいよ、ヒーラーかセージで振ってくれ
ジポルフ (ころころ)11だな ←聞き耳立てていたらしい
エイス (ころころ)12だった
GM エイスにはわかった、基本取引価格1000ガメルの草だね。乾いた大地に生えていることがある、抜いてから1〜2日すると枯れる。大地の精霊力がある物から生えることもごく稀にある。これを煎じて飲むと風の精霊力に関する病などの進行強度・治癒値に+2できる。ただし、服用から約1日の間全身が大地にひきつけられるかのように重くなり、筋力判定か平目で15以上か6ゾロを出さないと一切の行動が取れず、大地に伏せることとなる、という危なっかしい草だ
GM(マスター) 「ウチの店の信頼もあるのでいるならぜひ行って欲しいが。ただ・・・」
エイス 「ん?」
GM(マスター) 「そいつ一人か?」
エイス 「問題あるか?」
GM(マスター) 「でも、狩人だよな?」 ←本人のことだと気付いた
エイス 「まかせろ」
GM(マスター) 「モンスターもこのオラン付近で見られてるし、戦士とか回復手はいたほうがいいんじゃないか?」
エイス 「遠くからクロスボウ一発で仕留めれば終わりなんだよ。
わかるか?」(爽やかな笑顔)
GM 井の中の蛙だ!(笑)
GM(マスター) 「(あーやべぇ自信過剰のタイプだ)そ、そうか」とりあえず選り好みしてる時間がないので地図を君に渡すけど
エイス 「ここにいけばいいんだな、と言っても俺に知り合いなどいない」
GM(マスター) 「今日来た新人が二人いるが、あそことあそこにいる奴だ」一人は真昼間から飲んでいる男、一人は焼き鳥を焼いてた男
GM(マスター) 「ほら、特にあの魔術師なんか役に立ちそうじゃないか(生暖かい目)」
エイス 「マスター・・・あんた、気付いてて言ってるんだろ?」
GM(マスター) 「なんのことだ?」
エイス 「調子の良い奴め、ハハハ!」
一同爆笑。どうしたらそんな傍若無人に振舞えるのか、是非ご教授願いたい。

エイス 「こやつめ、ハハハ」
GM(マスター) 「まぁ、とにかく2〜3人はいたほうが良いんじゃないか?」ルーンとジポルフのほう、見てるけど
ルーン じゃあ、席を立って「俺は協力してやってもいいぜ?」 ←どうやって聞いていた?
エイス 「やっこさんから来てくれましたよ?」
GM ジポルフはどうするんだ?
ジポルフ 知らない薬草には手を出さないことにしてるから
エイス 「おぉ、いい所に来てくれました。実はこの依頼の薬草なんですがね?
時価1000ガメルもする・・・」
GM 1000ガメルという単語が出ました
ジポルフ ピクッと来た(笑)
エイス 「これを二人でうまくやれば500ガメルですよ、500ガメル」
ルーン 「しばらく生活にこまらねぇじゃねぇか」(笑)
エイス 「簡単に言えば、50日くらい?マスターもどうだい?」
GM(マスター) 「俺は店があるから。まぁなんだ、頑張ってこいや(生温かい目)」
エイス 「わかったまかせろ」
ジポルフ 出て行くの?それともそのまま溜まってるの?
ルーン まずは計画立ててから行こうかな
エイス 「まぁ飲もうぜ」(笑)
ジポルフ マスターのほうに寄っていこうか
GM(マスター) 「ん?なんだ?」
ジポルフ 「この薬草のことなんだが、ちょっといいですかな?」
GM(マスター) 「あぁ、なんだ?」
ジポルフ 「時価1000ガメルというのが聞こえまして」
GM(マスター) 「なんだ、耳聡い奴だな・・・(苦笑)」さっきと同じ話をする、けど。「あいつらが請け負うぞ?」
ジポルフ 「それも聞こえてます」(笑)
GM(マスター) 「お、おぉそうか?」なんだこいつは
ジポルフ 「そういう薬草はどこに生えてるんでしょうか?」
GM(マスター) 「乾いた大地と言うことだから、この近辺にはないだろうなぁ」
ジポルフ オランだからなぁ
GM パダに行ってもないと思うぞ?
GM(マスター) 「お前魔術師だろう?」
ジポルフ 「えぇ、見てのとおりです。家訓で旅に出されまして」
GM(マスター) 「あいつらに付いて行ってやったらどうだ?」
ジポルフ 「それも考えたのですが1000ガメルを分けると言うのはちょっと」
GM (一人で探す気か、おい)
GM(マスター) 「ただ、取れないと0だぞ?」
ジポルフ 「まったくですが、それでも今はお金に困ってますから」
GM それ以上は何も聞かないけど(笑)
ジポルフ とりあえず乾いた大地はどちらあたりにあるか地図を見て確かめる
GM 大雑把に書いてあるだけだから地形しかわからないぞ
ルーン そういや、俺はそこら中旅してたからそこそこは知ってる?
GM ところが君はオランへ流れてきたばかり
GM エイスだけはヒーラーで知識判定を
エイス (ころころ)11・・・いや10だ
GM 10じゃ特に思いつかないなぁ
ルーン 2人で依頼者の家に向かうん?
エイス 依頼者の家へ行こう


フェイズ5 「迷走」

GM で、ジポルフはどうするんだい?
ジポルフ 地図見て目星をつけて、そっち側に行ってみようか
GM 北には山、南には海
ジポルフ 北のほうへ
GM 今、北のほうは関所が面倒だけど?
ジポルフ 関所通ったら金かかるじゃないか、裏道を探すんだよ
GM ロドーなんとかと危ない状況なんだよ
ジポルフ きついんじゃやめとこうか、楽なところから行かないとな
GM 今なら南かな
ジポルフ じゃあ南から行くことにする
GM 具体的にはどっちへ行くんだい?
ジポルフ 
真南
GM (ホントに南かよ!)
GM ・・・いいだろう真南だな?(どーすっかな・・・)
ジポルフ うん
GM じゃあ、君は南に向かって進み始めた


フェイズ6 「依頼者」


GM 一時間ほどして依頼者の家に着いた。郊外の方だからね
エイス 「遠かった・・・」
GM もっとも、エイスの家はもっと遠いが
ルーン 「ここみたいだな」
GM 家の大きさはそんなにないね、むしろ小さいほうだ
ルーン 薬草探してるくらいだし、お金があれば買うし
GM 一日か二日で枯れるんだよ、売ってる訳ないじゃん

※余談だが、ヘンルーダも3日で枯れるので売ってないらしい(完全版P181参照)

GM 言っておくけど、干しても使えなくなります
エイス 如何にも
1000ガメル以下の報酬しかもらえなさそうな家だな!
GM うん、
そんなカンジだね!

一同爆笑。しかしながらGMよ、受ける気がなくなりそうな発言をするんじゃない。

エイス 「顔にこう・・・」(頬に傷を創る仕草)
ルーン ツッコミを入れておこう(笑)
エイス 「声色も低くしようと思ったのに」・・・ドアを叩こう
GM(女性) 「はーい」
ルーン 「依頼を受けに来たんだが」
GM(女性) 「あ、ちょっと待ってください」しばらくするとドアが開く「まぁ、ようこそいらっしゃいました。中へお入りください」
ルーン 「お邪魔するぜ」
GM(女性) 「どうぞこちらへ・・・私はフエイアと申します。実は、母が綿ふき病に感染してしまい危ない状態なのです・・・」
女性→フエイア
エイス 「そ、それは・・・!」
GM セージかヒーラー判定どうぞ
エイス (ころころ)14
ルーン (ころころ)平目で5

体から綿がぽこぽこでてくる奇病。説明省略、完全版P178参照です。GMはこれをシルフの精霊力が強く働く原因での病気と勝手に変更・解釈して進めています。善良なGMは真似しないよーに。

エイス ところで、その患者さんは今どんな状況ですか?
GM(フエイア) 「どんどん症状は悪くなっているみたいで・・・」具体的に言うと明日、明後日あたりに深度2の判定が来る感じです「私も知り合いから病気の内容と治療方法しか伺ってなくて・・・ペノライムという薬草が自然療養に効くらしいのですが・・・お金があれば神官の方に頼むこともできますがそこまでの余裕がなくて・・・」うつむいてしまいます
ルーン 「なるほど」
エイス 神官に頼むのはどこのブルジョワ様ですか?
GM(フエイア) 「どうか、ペノライムを探してきていただけないでしょうか?」と・・・エイスの手を握りますが。アニメに出てきそうなお願いの仕方です(笑)
ルーン 「その薬草が生えてそうな目星はついてるのか?」
GM(フエイア) 「知り合いは乾いた大地なら南のほうにある・・・とは言ってましたけど・・・」それ以上はわからないようです
ルーン 「まぁ、俺も受けたんだ。できる限りのことをしよう」
GM(フエイア) 「ありがとうございます、きっとそれで母の病気も良くなると思うのです。私は母の看病のためにご一緒できませんけれどもよろしくお願いいたします」で、報酬の話してないけど?
エイス これから聞こうと思ってたんだ
GM 受けてから聞くのか、いい冒険者だ(笑)

GMにやさしい冒険者ですな。

GM(フエイア) 「私から出せるのはこれくらいで・・・」600ガメルを提示します「半額を前金でお渡ししますけど・・・」
ルーン 150づつだな(苦笑)
エイス ヒーラーとして放っておけねぇ
ルーン 「一刻を争うんだろ、さっさと行くぞ」
エイス 「あぁ、そうだな」


フェイズ7 「当てのある探索と当てのない捜索」

GM ジポルフは、南に2時間ほど歩いたけど何も見つからない
ジポルフ 西のほうへ外れていく
GM そこでふと気付いた
ジポルフ 草の形も知らない(笑)
GM ついでに言うと、店にも売ってないようなものだから当然どこも買い取ってはくれない
ジポルフ 
「Oh.No!」(挫折)
一同爆笑、探し物の形も知らずに飛び出す魔術師ジポルフ。

GM 30分ほど呆然としてろっ!
ジポルフ うむ

GM で、二人組の方は保存食を買って・・・出発していいの?
ルーン 聞き込みからだな
エイス 南下しながら聞き込み、村でも街でも
GM じゃあカゾフの方向へ行くんだね、カゾフまで行くと8日かかるけど(笑)近い村なら半日ほどのところにある

GM ジポルフよ、30分たったぞ
ジポルフ 「そういえばそうなんだ!
マスターに聞けば良いんじゃないか!
GM しかしながら、マスターはすでに二人組に依頼を頼んでいるので君には話してくれないと思われる
ジポルフ また潰れる

一同爆笑、それ行けアンポンタンめ。

ルーン 30分考えた結果がそれかよ!
GM また30分ほど呆然としてろっ!

ルーン 自己紹介でもしながら。そういえばしてなかったからな、ついでに草の外見も聞いておこう
エイス こうだ
GM 簡単だな

ジポルフ 「そうだ、あの冒険者に売り込めば良いんじゃないか!」
GM なるほど、で戻るのか?
ジポルフ いや、探してから

だから、草の事知らないっちゅーねん。

ジポルフ とりあえず南
GM そうか、じゃあまた歩いてくれ

GM 二人のほう、半日ほど歩いて夕暮れに差し掛かっている。村に着いたよ
エイス 村人に聞き込みだ「おい、そこの小作人」

一同爆笑、もうね・・・?

GM(小作人) 「お、おらに何か用か?」
エイス 「ちょっと探し物をしてるんだ、ペンペン草じゃないぞ?乾いた大地に生える草なんだが」
GM(小作人) 「どんな草なんだべ?」
エイス 「ペノライムって知ってるかい?」
GM 知るか!(ころころ)6ゾロなんて出んわ!
エイス 「これこれこんな感じでな?」
GM(小作人) 「おらは知らんけんども、草に詳しい奴なら一人いるけどなぁ」
ルーン 「その人に会わせてくれ」
GM(小作人) 「おらもちょうど帰るとこだしちょうどいいべ、こっちだ」

GM で、ジポルフだ。さらに南下して、暗くなってきましたが?
ジポルフ 食事を一食分減らしてじっくり考えようか(笑)マントがあるから包まって寝る
GM 海風が吹いてくるぜっ!
ジポルフ うぉ、しまったっ!(笑)

GM 草に詳しい人の所へ着きました
GM(草の人) 「で、どんなのを探してるんだい?」
エイス 「これこれこんな・・・」と形と容貌や効果をジェスチャーを含めて
GM(草の人) ちなみにヒーラー1です「あー・・・あの草かな」
エイス 「どこに生えてる草ですか?」
GM(草の人) 「えーとここから・・・」地図をサラサラと描いて。一時間ほど南に下って東に一時間行ったあたり。「南東に行ってもいいんだけど、崖があるから難しいと思うぞ」
ルーン 「急がば回れと言うし、回るか」
GM(草の人) 「まぁ、がんばってくれ」
ルーン 「先を急ぐぞ」
GM(草の人) 「今から行く気か?このあたりはいろいろ出るぞ?」エサに釣られて出てくるクマー
ルーン 「やっぱ宿探すか」(笑)
GM 案内してくれるよ、一泊20ガメルね、朝食付

フェイズ8 「落ちる大捜査線」


GM 次の日になりました、ジポルフはどうするんだい?
ジポルフ 棒切れを探して・・・トタッ(倒す仕草)
GM じゃあメックウォリアー方式で(ころころ)2だから北東の方向を指してる
ルーン 行き過ぎたところを戻ってるんだな
GM レの字みたいな

GM 聞くことなくて出発するならどうぞ
ルーン 道沿いに遠回りで
GM 2時間ほどで着いた、エンカウントは・・・ない。乾いた大地というかサラサラした感じの土地だ

GM ジポルフは北東へまっすぐ進んでるの?
ジポルフ うん
GM 一時間半ほど歩いたところで・・・崖が
ジポルフ どれくらいの高さ?
GM 4mくらいかな
ジポルフ 4mなら問題ないな

判定は失敗したものの受身でダメージはなし。ただ、ランタンが破損しました。

ジポルフ 高かったのにっ!
GM というわけで無事じゃないけど降りられました
GM で、切り替えてルーンかエイスどっちか2Dを振ってくれ。ここからはイベント表だから
ルーン (ころころ)1ゾロ
GM どうやら遠回りで避けた崖の上側に出たようです。遠めに街も見えます
ルーン 崖の上ってことは下を見下(みお)ろせる?
エイス 
見下(みくだ)す

一同爆笑、崖は見下すものじゃないと思うが。

GM 崖を見下ろすと崖のくぼんだところに草があるように見える。あ、草の色だけど黄色っぽい感じ、ラグナロクの黄ハーブを想像してくれ(笑)もちろん緑の部分もあるが
エイス 何m下?
GM んーと(ころころ)7m下
エイス 自分の体にロープをくくりつけて、「こっちを持っててくれ、落ちそうになったら引いてくれ」
GM いや、付近に木はあるけどさ
ルーン 巻きつけた木の近くに待機しておこう
GM 目標値は・・・確かこのパーティ金属鎧いなかったよナ(笑)11だね
エイス (ころころ)成功
GM これたけど、どうやら違う草のようだ
エイス 「・・・ハズレか」

GM そのころのジポルフ、さらに30分ほど進みました。目の前にはまた崖だ
ジポルフ 「・・・うわ」
GM 今度は崖下に着いたようです。・・・と、崖の上のほうから縄の擦れるような音がする
ジポルフ 見上げてみようか
GM そうすると、人がロープをくくりつけて降りてきてる
ジポルフ へぇ〜・・・
GM しばらくすると「・・・ッチ!」って言う声が聞こえた(笑)
ジポルフ 何mくらい上?
GM (ころころ)10m
ジポルフ 顔は確認できるわけだ?
GM 崖のほうむいてるからできない
ジポルフ 「もしかしたらアレが依頼受けた冒険者かなぁー、だとしたら早く見つけないと売りつけられないじゃないか!」(笑)
GM という勝手な事をほざいてる訳だ

ルーン 来た道戻って探すしかないな
GM じゃあ、またサイコロ振って
エイス はつ(訛り声で)
GM 8?
ルーン いろんなの出さないとね
GM よく整備されてない街道のほうへ来た、草はチョコチョコ生えてる。見回しただけじゃどうかわからないけど、黄色っぽいのはないような気がした。そんな感じで見ていると、前のほうからドワーフが歩いてきます。普通に旅の挨拶をしてくる
GM(ドワーフ) 「やぁ」
エイス 「ご苦労様です」
GM(ドワーフ) 「何か探してるようだが、がんばれ」
エイス (がしっ)
GM(ドワーフ) 「なんだ、この手は」

5秒ほど無言の空間が過ぎた後一同爆笑、いきなり知らん他人(他ドワーフ?)の腕をつかむなよ。

エイス 「依頼の関係で草を探してるんだ」
GM(ドワーフ) 「どんなのだ?」
エイス 「これこれこういう風体でな?」
GM(ドワーフ) (ころころ)「なるほど、その草かどうか走らんが黄色い草ならあっちで見たぞ」東の方向へ30分ほど
エイス 「ありがとうございました」
GM(ドワーフ) (なぜ小声になる?)「あぁ、がんばれ」

GM ジポルフはどうするんだ?
ジポルフ 探しながら進むよ

最早、知識云々ではなく気合だけで見つける気のようだ。

GM まっすぐ?
ジポルフ まっすぐ
GM 崖だけど
ジポルフ 崖が目の前にあるのか?!
GM さっき崖の前にいたじゃないか!
ジポルフ 10m以上ある崖か・・・
GM 正確には17m
ジポルフ 
登るしかないだろう
GM 登るのか!(笑)

メック戦闘のようにカクカク曲がるしかできないようです。回り道という概念はないらしい。

GM 目標値は・・・11だな
ジポルフ ひたすら登ってやるよ、(ころころ)9の・・・12
GM 10mは大丈夫だったね、2回目
ジポルフ これで落ちたら大変だねー(ころころ)
1ゾロ!
GM 
ッブフ!(吹いた)

一同爆笑、こんの爆走うつけ魔術師は・・・

GM 
おっつぁー!(落ちたと言ったらしい)
ジポルフ 「うわぁぁ・・・」(抑揚のない声)
GM しかしルーンたちには聞こえないな(笑)受身は何mだっけ
ジポルフ 3mだよ
GM 2Dマイナス2を振れ(2回目登攀の落下距離差し引き分)
ジポルフ ていっ(ころころ)9
GM じゃあ7だから、1回目の10mマイナス3mで7m落下だな。21点
ジポルフ ヤバイ
GM 鎧で7以上振らないと死にかけるじゃねーか?!

教訓:むやみに崖を登攀しない

ジポルフ (ころころ)6、マイナス1に入った!(笑)
ルーン さっきのドワーフさんが助けてくれるって(笑)



残念、あれはプリーストドワーフではない、ついでにそこは通らんぞ。

GM 生死判定で・・・目標値が8で・・・生命抵抗4だから、4以上で生存
ジポルフ よっしゃー、7だ!
GM 生きてるけど、マイナス1状態です、ほっとくと死にます(さて、どうなるものか・・・)


フェイズ9 「第二種遭遇」

GM で、聞いた方向に向かうわけだね?30分ほどいくと確かにちらほらと黄色っぽい草が大地の割れ目から生えてる場所に出る。探すのならサイコロ振ってくれ
エイス (ころころ)10
GM 見つからなかった、イベント表に戻ります
ルーン 11〜
GM (おや・・・)そうするとさっき遠回りに登っていた崖の付近に来る。草がそこそこ生えてて木もそこかしこある
エイス (ころころ)8・・・きっと晩飯のウサギの足跡で気をとられたんだな(笑)
ルーン 平目で6
GM 草は見当たらないんだけど・・・草を調べて掘ったりしていると、なにか紋章の描かれた石の一部を見つけました。なんかよくわからん文字も書いてあります
ルーン 拾える?
GM いや、壁の一部が埋まっているような感じだから
エイス すこし土を払って掘ってみるか
GM 壁の一部みたいなのが斜めに埋まっているような感じでちょうど角の部分が地面に出てたような
ルーン 紙持ってる?読めないから写しておこうか
エイス 大丈夫だ、レンジャーだからたいていの場所はわかる(根拠レス)さて、埋めなおすか(笑)
ルーン 今は一刻を争うんだった、そんなことをしてるヒマはない

と、言いつつしっかり埋め直した二人。

GM ジポルフです、一時間ほど経ちます
ジポルフ サイコロ振らなきゃ、(ころころ)11、生きてる

GM またサイコロ振って
エイス さっきの場所はきっちりカモフラージュしたぞ。(ころころ)5
GM (上手いことあたるなぁ)さっきの崖付近から西のほうへ向かっています。途中で、行き倒れらしい人がいますが
ジポルフ 口から血が出たりしてますが
GM 多分、君たちがロープで下ってたあたりを登ろうとして落ちた人ですね、仰向けに倒れてます
ルーン 「どこかでみたような?」
エイス 「どうする?口から泡吹いてるぞ」
ルーン 「赤い泡吹いてるな」
GM 今にも死にそうだが
ルーン 「まぁ、手当てしといてやるのは悪くないよな」
エイス 治療にいくらかかりましたという請求書を作ってからな?30分くらいは大丈夫だろう
GM (あ、ちゃんと時間気にしてたか)ここにきてから約2時間かかってるね
エイス 応急手当、1点まで回復します
ジポルフ 「う・・・うぅ〜ん。・・・あぁ、君たちが助けてくれたわけだ」
エイス 「あぁ、そうだ。君はこの崖から落ちたらしい。君は気を失って・・・失うどころじゃなかったがな?」
ジポルフ 「とりあえず、助けてくれてありがとう」
エイス 「礼を言われるほどじゃない。ついてはだな、
治療費が・・・

一同爆笑、マジに請求するんか?!

エイス 「まぁ生活費5日分くらいかな?」(笑)
ジポルフ 「いやぁ、こっちも貧乏冒険者な者でそんなお金は・・・」
GM ・・・サイコロを振れ、冒険者+知力だ(苦笑)
エイス (ころころ)10だ
GM 金がないなら働かせればいいじゃないか(笑)
ルーン 俺もそれを考えてたんだけどセリフが思いつかなかったんだ(笑)
エイス なるほど・・・「ところで、
タダより高いものはないという言葉を知ってるか?
一同爆笑、お前は弱いものを助けた後に難題吹っかける893か?

ジポルフ 「あー・・・それはもう」
エイス 「情けは人の為ならずっていう言葉もあるんだ」
GM 見返りの場面が早ぇ?!
ジポルフ 「私は今お金はありませんので何日間かあなたたちのお手伝いをしましょう・・・」(消え入りそうな声)
エイス 「うむ、判りの早い人で助かる」

一同爆笑、言い出すのを待ってたんか!

ジポルフ 「で、何をお手伝いすればいいんでしょう?」ところで、この人達の顔で記憶判定していい?
GM どうぞ
ジポルフ (ころころ)出目が9だから、12
GM あぁ、そういえば冒険者の店で依頼を受けてたのはこんなやつらじゃなかったかなーと。ところで、依頼のことは話すのか?
エイス 「どうする?ここは遠回しに・・・」
GM 具体的に話す部分を言ってくれ
エイス 「実は、この付近の村で謎の病気が発生した・・・」
GM 何ぃ?!近くの村?!(笑)
ジポルフ 「ほうほう」
エイス 「北西のほうに小さな村があってな?原因不明の病気が発生したんだ」
ジポルフ 「それは大変ですねぇ」
エイス 「その病気を治すためにだな、今治療薬を探してるんだ」
ジポルフ 「なるほど」
エイス 「と、言うわけだ手伝ってくれ」
ジポルフ 「その治療薬とはどういうものでしょう?」
エイス 「えーとねえーとね、こういうの」
ジポルフ サイコロを振れってことなのかな?
GM ある程度話すなら判定してもいいけど。治療薬って言ったんだよな?
エイス 草だ(笑)「ここがこう尖っててだな?」
GM 判定してみ
ジポルフ ていっ(ころころ)なんで6なの?
GM 説明で形とかは判った
ジポルフ 「なるほど、そういう草を探せばいいわけですね?」
ルーン 「人では多いに越したことはないからな、決まりだ」1点までしか回復してないんだよね?キュアウーンズだ。(ころころ)11
GM 発動した
ルーン (ころころ)7、8点回復した
GM と、言うわけでジポルフを手に入れた
ジポルフ ・・・道具か(笑)
ルーン 半ばアイテムだしな(笑)エイスにぼそぼそと「前金をもらったことは内緒だな」
エイス 
「当たり前じゃないか」

ジポルフがやっと合流しました。なんてステキな出会いなんでしょう。ジポルフの立場はこの先どうなるやら・・・


フェイズ10 「未知との遭遇」

GM この付近まだ探してないよな
ルーン 探そう(ころころ)6ゾロだ!
エイス (ころころ)11
ジポルフ (ころころ)9
GM 全員バラバラで探してるわけだよね?ルーン、それらしい形の草が視界の隅に見えたけど
ルーン 「おーいちょっとこっち来てくれ!」
GM と、言う声が聞こえた。ジポルフよ、レンジャー持ってる?
ジポルフ 持ってない
GM 精神抵抗してくれ
ジポルフ (ころころ)合計で9、出目5だもん
GM (ころころ)いきなり躓いてコケました
ジポルフ 「いてっ!」躓いた原因を探してみようか
GM あたりに躓くものはは何もない
ジポルフ スネアか!術者を探す
GM 上空に飛んでる魔物がいます。さぁ、怪物判定だ
ジポルフ (ころころ)低ッ!出目3、6だな
GM わからない
ジポルフ 「でっかい鳥!」
ルーン 飛んでる知らないものはなんでも鳥か(笑)
ジポルフ 「モンスターが出たー!」と叫んでおこうか
エイス 「な、なんだってー?!」
GM エイスは、それぞれの方向からルーンの声の後にジポルフの声が聞こえた
エイス 草はきっと大丈夫だ
GM じゃあジポルフの方へ向かうんだね?
ルーン 草は抜くと枯れ始めるんだっけ?
GM 聞いてないね
ジポルフ 抜いてから行くか抜かないで行くか
ルーン 剣を抜いて、声を聞いた方向までを
ガーっと地面を剣で引きずって行こう
一同爆笑、そんな乱暴な。

GM 確かに迷わないけどな(苦笑)サイコロ一個振って
ルーン 
GM エイスは振らなくていい、2ラウンド後につける。ルーンは3ラウンド後


フェイズ11 「散歩中の出来事」

ラウンド1
GM えーと、ジポルフが先だ

※GM、勘違い。ジポルフの敏捷度は15、敵はグレムリンで敏捷度17ですが、14だと思い込んでいました。しかし気付かぬままこの後も進んでいきます・・・

ジポルフ 行動を後送りにしようか
GM こっちは・・・なんだか嘲笑しているようです「ケケケッ」
ジポルフ 武器は持ってる?
GM 持ってない

ラウンド2
GM エイスが到着しました、怪物判定してください
エイス 登場すると痛いからさ・・・ちょっと隠密。で、ちょっと狙撃

一同爆笑、いきなりかわいこぶるんじゃない!気持ち悪い。

エイス (ころころ)6
GM はい、知らない
ジポルフ スネアだけなら敵対しないかもしれないし、上位古代後で話しかけてみるか
エイス やぁやぁ我こそは(笑)
ジポルフ 「さっきスネアを掛けてきたのは君かー」と話してみるけど
GM 何も言ってこないよ(わからないしなぁ)
ジポルフ ならリザードマン語で!
GM ジポルフの行動終了(笑)そういえば転んだまま言ってるんだよね
ジポルフ うん
GM じゃあ、こ・う・げ・き。(ころころ)回避して
ジポルフ (ころころ)出目が9で、12
GM 避けたね、でもマイナス2かかって10だろう?どっちにしろダメだけど(笑)
ジポルフ 1ラウンド経ったから起きてるだろう
GM 宣言聞いてないよ
エイス 狙撃、1ラウンド目キリキリキリ
GM エイスは狙いつけるのね

ラウンド3
GM ルーンが剣をガリガリしながら走ってきた
ジポルフ 「耳障りな音が?!」
ルーン 敏捷度17だけど(ころころ)はい知らない
GM 攻撃は可能
ルーン 「離れろぉっ!」(ころころ)12



GM (ころころ)避けらんねぇ
ルーン (ころころ)4+4の8ダメージ
GM 結構削れた
ジポルフ 起き上がって防御専念
GM はいよ、じゃあその起き上がった奴に・・・ウィル・オー・ウィスプが飛んできますよ
ジポルフ ウィル・オー?!精神抵抗かよ・・・(ころころ)8
GM (ころころ)抵抗できないな(ころころ)7点
ジポルフ 6点入った。残り2点、死ぬ!
エイス じゃあ撃ちますか。(ころころ)11
GM (ころころ)あ、ごめん6ゾロ
エイス ぬぁんだぁってぇ?!
GM 
ひゃぁっほう! ←大喜び

ラウンド4
ルーン まだ下にいるんだろ?(ころころ)12
GM (ころころ)一本足りない
ルーン 「とどめだっ!」(ころころ)また7.
GM ってことはいくつ?
ルーン 8点
GM あぁ、ちょうど倒れた。0だから気絶だけだな
ルーン 「俺の剣は美しく咲く・・・か?」

ナルシストキャラは、聞く方が恥ずかしいものだ。


フェイズ12 「発見」

ジポルフ 「すごいですねぇ、御見事ですよ」と言っておこう
ルーン キラキラキラっと

えーと・・・このパーティ、まともな奴がいねぇ。

ルーン 「それよりも、早く草の方を」
GM 剣の跡ですぐわかるよ(笑)
エイス これ(グレムリン)どうしよう・・・
GM 生命点0点の気絶だから一時間後には1点になって復活するぞ(笑)ちなみに、当然のごとく何も戦利品はないからな
エイス シュッ!
GM 今ナニを出した?!
ジポルフ アサシンっぽいことやってるよ!
エイス ただナイフを横に引いただけだよ
GM はい、死にました。で、戻るんだね?
ルーン 剣の跡を辿って
GM 着いた
ルーン 「この草だが、どう思う?」
エイス 「どう、どうってなぁ」これは?
GM 当たり
エイス 「間違いない、これが探し求めていた薬草だ」
GM ちなみに、抜いてから1日から2日で枯れるそうです
ジポルフ 抜かなかったら?
GM 1週間ぐらいで
ジポルフ じゃあ周りの土ごと・・・
GM 意味はありません、何故なら根っこがなが〜く這ってるからです(笑)これが何日くらい経ってるかは判りません
ジポルフ ちなみに、ダメージでこっち残り2点しかない
ルーン 「しょうがないなまったく・・・」(ころころ)8点回復
GM なんだかんだで着いてから4時間経ってます。午後2〜3時かな
ルーン 街まで何時間くらいかかるっけ
GM 早くて3〜4時間かかるね
ルーン 「夜になっちゃうな」
ジポルフ 「急ぎでしたら行ったほうがいいのでは?」
ルーン 「そうだな」
エイス 「早いに越したことはないからな」天候は大丈夫だよな?
GM 雨とか降ってれば言ってるよ
ジポルフ 天気予報でもやってれば?(レンジャーのI天候予測のことらしい。完全版P125)
エイス 
てんてんてんてんてんてん天気はどぉかしら〜
GM うわぁああぁぁああぁ・・・(笑)
エイス 夕日が笑えば晴れ〜・・・(ころころ)
うぉ高けぇぇ?!
GM 
大丈夫、降らねぇ!まっさおだ!!(笑)
エイス 「大丈夫、当分の間は快晴だ!」
GM 行くの?ちなみに昼飯を食っていない

※特にリプレイに毎度毎度は載せていませんが、このGMは1日に最低2食を取らないと生命点に1点のダメージが入るなどとぬかすのです。一般人だと1日1食とってても11日で倒れると、鬼やね。まぁ、冒険者は激しい労働するからという言い分らしい。
ジポルフ 今食ってる
エイス クッチャクッチャ(噛み切る真似)
GM ビーフジャーキーか!
ルーン 「この草を逃したら次は見つからない可能性もあるしな」
GM 1本しかないからね
ジポルフ 「誰が持つんですか?」

無言の5秒、後に一同爆笑。

ルーン 「誰か袋」
GM ちゃんとした扱い方を知ってるのはそこのヒーラーだけだ
ルーン 「扱い方をちゃんと知ってる人が持つのがいいな」
エイス 「あぁ、ちゃんと(薬剤処方の)道具もあるぞ」
ルーン 湿った布でくるむとか
GM あまり空気に晒しておくのは良くない
エイス このままノォムと一緒にお持ち帰りしたいんだが。このむさっくるしいオヤジを
GM (ノームはむさっくるしいオヤジだったのか、なるほど)
ルーン シャーマンいないのかシャーマン
ジポルフ いないだろ

そうです、このパーティにシャーマンはいません。

GM 袋には入れておいた方がいいと思う
ジポルフ 土ごと
エイス 水に湿らせて?
ジポルフ 水にぬらすのはまずいのでは?



GM 水の精霊力が働くな
エイス おぉそうだった!(笑)
GM (おいおい、しっかりしる。大地の精霊力は働かないし水をやるとダメになるから日持ちしない草なんですよ)
GM で、袋はあるの?
エイス 背負い袋があるぞ
GM 放り込むんか?
エイス 小袋もありますよ
GM 謎の小袋80袋〜

GMはたいそうあの曲がお気に入りだったそうな。

ルーン 「それじゃあ、急ぐぞ」
GM (ころころ)なんでエンカウントしないんだよ(笑)
ルーン よぉし
エイス ブラボー!
GM 夜8時ごろに依頼者の家に着いた


フェイズ13「任務完了」

ルーン タンタンタンタンタンタンタンタン(ドアを叩いているらしい)
エイス 「失礼する、オラン国境警備隊だ」
ジポルフ 「えぇっ、そうだったんですか?!」(笑)

どうやらエイスは虚言癖があるようだ。

GM(フエイア) 「はい・・・?」
エイス 「やっ」(手を上げる)なぜかフレンドリーだ(笑)「何とか手に入れてきましたよ」
GM(フエイア) 「まぁ、本当ですか?」嬉しそうです「さぁ、中へ」
エイス しかし、この草が生きてるかは俺にはわからないんだ(笑)
GM 生きてる生きてる
エイス さっさと煎じて飲ませよう「素人がやられても困る、ここは私に任せなさい」
ジポルフ プロがここに!
GM(フエイア) 「まぁ、それではお願いします」寝室に案内されますけど
エイス 全身綿だらけ?
GM いやいやいやいや(笑)ちょっとぽこぽこでてるけどまだ大丈夫そう
エイス 「まずはこの草をほにゃららして・・・」(笑)
GM と、うんちくを垂らしながら
エイス 迂闊な事を言うとリプレイ読んでる人達が暴(ピー)からサっ?
GM いやいやいやいや、危ない発言はやめような?!

危険発言につき一部検閲削除、想像しないで頂きたい。
GM さて、飲ませられました。時刻は午前に入ってます
ルーン 依頼主と会話してた「大丈夫、きっと治るさ」
GM すぐに病状の変化は見られません。10分位してギシギシと・・・
エイス そうか、重くなるんだったな(笑)
GM(フエイア) 「あ、あの大丈夫でしょうか・・・?」
エイス 「これが薬の効果なんです」
GM(フエイア) 「は、はぁそうなんですか・・・」フエイアさんは一泊とご飯を勧めるけど?



ジポルフ 「ご相伴にお預かりいたします」
エイス 「頂きます、保存食ばかりで口の中が乾燥しているんです」
GM というわけでフエイアさんが腕を振るってくれます
エイス クッチャクッチャ

一同爆笑、その音は・・・

GM 保存食じゃねぇか?!
エイス 「おぉ、癖でかじってた〜よ?!」
ジポルフ 「あぁ、豪華な食事だ・・・」
ルーン ・・・俺は普通に食べるぞ?
GM(フエイア) んで食事後に「残りの300ガメルです」と
エイス 「シーっ、シーっ」
GM 言ってるけど(笑)
エイス (フエイアに)「もう少ししたらで・・・」(笑)
ジポルフ 聞き耳は立てとくよ(ころころ)13
GM バッチリ聞こえる(笑)
ルーン 「いいじゃねぇか、100ガメルくらい」
エイス 「ふむ・・・まぁ彼も色々準備があったらしいからな、膨れ上がっている保存食が物語っている」(笑)
GM というわけで朝になります。(ころころ)深度が2に差し掛かったところで薬草のおかげか1に安定しました
GM(フエイア) 「よくなってきてるみたいですね、ありがとうございます」
エイス 「いえいえ、こちらも仕事ですから」

結局報酬は3人で分けたようです。ルーン曰く、 「ま、ここは公平にってことだ」らしい。

ジポルフ 「助けてもらった恩返しにもう少し同行してもよろしいでしょうか?」
エイス 「こっちに関しては問題ないんだが。特にアレが・・・」では、早速カモフラージュした場所に行ってみるか
ジポルフ 出る前に一言言っておこうか「お大事に〜」
GM(フエイア) 「ありがとうございます〜」

ナルシストな元傭兵戦士と、そこはかとなく尊大で虚言癖のある狩人薬剤師、そして赤貧で低姿勢な魔術師。この先3人はどのような道を辿ることになるのか、それはサイコロの神様のみが知る・・・。